突発性難聴治療

突発性難聴治療 5,400 円
所要時間40分

突発性難聴とは

突発性難聴その名の通り、突然片方の耳が聴こえなくなるという特徴を持った病気です。原因は不明ですが、ストレスと疲労が大きな要因となり、患者数は増加傾向にあります。芸能人でも突発性難聴を患った方は多く、KinKi Kidsの堂本剛さんが発症し、ニュースで話題になったこともあり、認知度は高まっています。
突発性難聴は聴力低下以外にもほとんどの場合で耳鳴りや耳閉を伴い、一過性のめまいも起こすことがあります。40~60代の方に多くみられる病気ですが、最近は10代20代の患者さんの来院も増えてきました。男女差はなく、遺伝的な要素もありません。

病院での治療方法

突発性難聴の治療は発症してからなるべく早めに行う必要があります。48時間以内に治療開始することが望ましく、2週間以上経過してしまった症例では、聴力回復の可能性はとても低くなります。
病院での治療はまず通院か入院でステロイド剤の点滴投与を行います。そのほかにもビタミン剤や血管拡張剤、漢方薬などを使います。高圧酸素療法を合わせて行う方もいます。早期でのステロイド剤点滴の効果は高く、早期に開始すると、3分の1の方が完治し、3分の1は症状が軽減、しかし3分の1は変化なく症状が固定してしまいます。

突発性難聴に対する鍼灸治療

薬物療法と並行して鍼灸治療を行うことは、非常に有効です。突発性難聴を発症した方は発症側の耳の後ろに強いコリが発生します。このコリに対して鍼灸治療をしていきます。また突発性難聴を発症した方は体の巡りも悪くなりますので、全体調整も合わせて行います。そうすることで、耳周辺の血流や巡りを改善し治癒を促します。
もちろん全ての突発性難聴を治すことはできません。しかし放っておいても何も変わらないのであれば、鍼灸治療という選択肢があっていいと思います。少しの改善が、患者さんにとって、大きな苦痛軽減になることもあります。発症から時間が経過してしまった症例でも改善することが多くあります。
諦めずに是非一度ご相談ください。

一覧に戻る

お問い合わせはこちらから

ご案内

ご案内

診療時間
診療時間
診療
時間
土・
祝日
9:00~20:00 9:00~15:00
休診日
休診日
日曜日・第3水曜日

アクセス

悠鍼灸院・整骨院・整体院
〒336-0015
埼玉県さいたま市南区太田窪1848-9
048-887-5566


鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス」

PAGE TOP